本音のFX戦略と気まぐれ日記
元外銀,1984年米銀に始まり通算25年もの間FXディーラーとしてオーストラリア、カナダ、スイス、英国の大手銀行に勤務、どの取引時間帯も担当しまた金融商品も担当。このブログはわかりやすく、日常の話題も気楽に提供

お勧めリンク

水谷文雄の為替ケ・セラ・セラ

野村雅道と楽しい投資仲間達

しろふくろうFXテクニカル分析研究所



ディールFX

プライベートファンド(私募ファンド)のことなら、PRIVATEFUND.jp

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病院
風邪をひき土曜は病院に行きました。幸いあまり混雑していなかったので待ち時間はそれほどなかったのですが、一般的には病院の待ち時間というのは苦痛なものです。さらに問題なのは急を要する患者さんの場合で、初診受付から待ち時間を経て診察では間に合わないケースもあるわけです。一方で救急車を何でもないのに呼ぶ人もいるようですが救急車を呼ばなければ緊急扱いしてくれないケースもあり難しいところです。わたしの友人の弟は救急車は来てくれたのだが病院をたらいまわしにされたというケースもあります。医療関係者の方々は工夫はしているのでしょうが病人の緊急度におうじて救急車で来なくてもすぐ場合により診察してくれるようなシステムがあればいいなと思う次第です。患者全員が自分は急だと主張されると困るでしょうが、そこは各自の良識を信じて診察の緊急性を判断してもらえるような受付があればいいと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。