fc2ブログ
本音のFX戦略と気まぐれ日記
元外銀,1984年米銀に始まり通算25年もの間FXディーラーとしてオーストラリア、カナダ、スイス、英国の大手銀行に勤務、どの取引時間帯も担当しまた金融商品も担当。このブログはわかりやすく、日常の話題も気楽に提供

お勧めリンク

水谷文雄の為替ケ・セラ・セラ

野村雅道と楽しい投資仲間達

しろふくろうFXテクニカル分析研究所



ディールFX

プライベートファンド(私募ファンド)のことなら、PRIVATEFUND.jp

ややリスク回避か
引き続き中東情勢に注目、インフレ懸念で金は上昇。バーナンキFRB議長も一時的インフレには言及。NY株式市場は下落。ユーロは反落していて円クロスも同様です。ドル円だけは81.50買い基準を守ってくれています。ユーロはもみ合いのレンジとなりそうです。1.3850水準を頭に1.37後半からのレンジでしょう。

ポンド強し
金利上昇も期待されるポンドの強さが目立ちました。モデル系ファンドなどの買いが目立ったようです。ユーロもユーロクロスの買い中心の強い展開。全般としては先週のドル安継続の流れです。ドル円は予想の範囲内の値動きで、今日も81.50買い、82.00売りの展開予想です。





レンジ取引
週明けかつ月末の今日はレンジ取引でのスタートになりそうです。金曜と変わらずドル円81.50買い、82.00売りのままで良いでしょう。ユーロも1.3700買い、1.3800売りでのスタートです。ドル円の81.50以下は下落しても一時的と考え今日も拾っていくスタンスで考えています。

ドル円
昨日もドル安が進み、引き続き逃避的に円買いが進みました。ただ81円前半はいったんは利食い場ではないでしょうか?81円台のもみ合いがしばらく続きそうです。急落しての80円台に下落することはないと思います。一方上値は82.30程度を想定します。今日も中東情勢をにらみながらの展開でしょう。目先はドル円は買いから入るのであれば81.50水準、戻り82.00売りを想定します。

ドル安継続
予想したよりドル安傾向が強い展開です。米債券利回りは低下、その一方英中銀が公表した10日の金融政策委員会議事録では、3委員が利上げを主張しており、米国と対照的になってきました。ドル円は反発が弱まってきていて81円台もあり得そうな展開になってきました。ユーロも予想したより強い流れで推移、このまま上昇を続けるのかまたもいったん落とされのか中東情勢もからみ判断の難しい展開です。ドル円で82.80水準が売り、ユーロで1.3700水準買いで想定します。